平成25年4月に廃止された2級制度ですが、代わりとなる資格などについて

ケアマネージャーや介護福祉士の資格との関連性は?

MENU

ヘルパー2級について

ヘルパー2級とは

介護職につくための基本的スキルを学びこれなくして、介護職にはつけない基本的な民間による資格でしたが、平成25年4月をもってその制度が廃止されました。

 

それでも去年まで多くのヘルパー2級の方達が訪問介護や施設などで働いていました。
座学を130時間程度学び、その後施設実習を経験して、試験を受け合格基準に達しているなら資格をとれました。いわゆるホームヘルパー講座2級として多くの方達がこの資格を持っています。

 

勉強イメージバナー

  • 介護の理念
  • 高齢者への正しい援助
  • 日本における介護の現状
  • 望ましいケアサービスのあり方
  • 他者理解や共感的態度
  • 自立支援、介護の基本原則
  • 障害と疾病
  • 精神障害
  • 高齢者の心理
  • 生活援助の基本
  • 身体援助の基本

など挙げたら切りが無いほど沢山の介護の基本的な事を学びます。

 

こうした座学を時間をかけ学び、次に施設実習に入ります。

 

車椅子画像

実習目標を設定して、例えば

  • 排泄介助
  • 部分清拭
  • 体位変換
  • バイタルチェック
  • コミニケーション
  • 車椅子介助
  • 移乗
  • 移動介助

などを経験してゆきます。

 

そして実習記録をつけ、介護上の留意点であるとか、自分で気付いた点、感じや点、又全体を通じて学んだ点などを記録して実習してゆきます。

 

こうした過程を得て必要な座学と実習を終えそして、試験に合格すると資格がくるのです。

 

その後訪問介護施設で介護員病院での介護員として働く事が出来ます。

 

今だに多くの方達がヘルパー2級の資格を有していて、活躍されています。
こうして生活援助や身体介助を行いますが、同時に多くのお年寄りの心とも向き合う仕事でもあると言えます。

 

ヘルパー助け手とも訳す事が出来ますが、その方達の生活や人生の一部にも寄り添うのが、ヘルパーです。これまでヘルパー2級はそんな介護職の基本的資格を担って来ました。

 

介護福祉士・ケアマネージャーとさらなるスキルアップのために必要だったのがヘルパー2級という資格だったと思います。

 

 

ヘルパー2級はどうなるの?

厚生労働省の発表によれば、ヘルパー2級の資格は2012年度を持って廃止にするという発表でした。

 

2013年度からヘルパー2級は、介護職員初任者研修として新たた名称でスタートしました。

 

それでもこの移行は、都道府県によって、多少異なるようです。

 

 

2013年度4月から順次ヘルパー2級から介護職員初任者研修への移行が進んでいるのが現状です。
すでにこの事は前から言われて来たことであり、今回の正式な発表と移行へと現状なっているという事をしめしています。

 

ヘルパー2級の他にもヘルパー1級とか、3級とかなんだか分からない所が多かった感じがします。
資格によって生活援助はできるが、身体介助はできないとか、複雑でしたね。

 

またヘルパー2級から国家資格である介護福祉士の受験資格を得るまで様々な方法がありました。

 

ヘルパー2級を取得してなくても、通信とかで、学び介護福祉士の試験を受けて合格すれば資格をもらえたり、数日スクールに通って学び取れる事も存在したのが事実でした。

 

本当に明確では無かった感じが有りました。

 

基本なくして資格だけみたいな、これでは現場では通用しません。今回の廃止で有る程度明確化された感はあると言えるでしょう。

 

現在ヘルパーの需要は大きいです。
殆どが、概ねヘルパー2級の資格を持つヘルパーによって、介護職は成り立っていたと思います。

 

今回130時間という座学は変わりませんが、ヘルパー2級の時にあった実習がなくなりました。個人的には実習があった方が現場で即使えるという気はするのですが、、
今後介護職のスタートラインが、介護職員初任者研修そして実務3年で介護福祉士の資格取得の権利、さらに5年度以上でケアマネージャーの資格取得条件となってゆきます。

 

ヘルパー2級は廃止されたとは言え内容はほとんど変わらず名称が変わったという感覚でいいのではないでしょうか。実習がなくなった分少し楽になったのではないかとも思います。

 

高齢化に伴い、介護職の需要はこれからもなくなることはないでしょう。

 

 

 

余談ですが、介護の資格取得を目指している方の中には、元々は「保育士になりたかった」という方が割と多い気がします。
保育士の資格を取るもの非常に難しいことですが、もしもまだお若いのであれば諦めずに保育士を目指してもいいと思います。
また元保育士で、結婚や引退をきっかけにヘルパー業へ転職している人も多いです。
「誰かのお世話をして助けてあげたい」という意味では、たしかに共通している部分もあるかもしれませんね。
しかし、ヘルパー業も向き不向きがありますし、案外キツい仕事です。
やっぱり保育士の仕事に戻りたい・・・という方も多くお見かけします。
しかし地方や新しい土地で条件の良い保育求人を見つけるのは意外と難しいです。
そんなときは全国対応している保育士転職サイトなどを駆使することで、比較的スムーズに理想の職場を見つけることもできます。
たしかに介護のお仕事は人手不足なので1人でも多くのヘルパーが欲しいところですが、やはり自分の好きな仕事をして充実した生活を送ることが1番です。
自分の幸福度が被介護者にも伝わる、ということを忘れないようにしたいですね。